スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまけの旅日記 東京と平尾台をつなぐ偶然

 今日の平尾台は、猛暑と前日に毎日新聞が冷水の流れる千仏鍾乳洞について報道したため、千仏への道は長い車の列が続きました。カルストツアーに来られたバスも、ツアーの最終地点へむかえに来るバスは、いつもは千仏の駐車場でUターンしていたため、今日はそれが不可能になり、急きょコース変更しなければなりませんでした。
 最近、千仏鍾乳洞がテレビや新聞で何回も報道され、土日となれば3000人近い人が訪れているそうです。周りの牡鹿鍾乳洞や目白洞も沢山訪れて、今日は、自然鍾乳洞の不動洞も、何組ものグループが胸まで水につかりながら洞くつ探検をたのしんだそうです。
 今日、そんな報道の話がガイドの間で話になりまして、おもいだしました。本当に偶然ですが、13日夕方、東京のホテルについてテレビをつけて、最初に流れてきたのが、わが平尾台の千仏鍾乳洞のニュースでした。こんな偶然があるのかと、昨年の冬の長野の旅の奇跡が、また東京でも起きたのかと驚きました。
 それにしても平尾台から帰ったとき、我が家の二階の寝室の温度は40度を超えていました。異常です。
 皆様におかれましても水分、塩分の補給に気をつけられて、ご自愛ください。梅干しと熱いお茶も、冷たいものを飲みすぎた時にはおすすめです。
 今日の平尾台の花は、キキョウ、ハバヤマボクチ、ハエドクソウ、ヤブラン、アキカラマツ、ヤマノイモ、ノヒメユリ、ゲンノショウコ、オカウツボ、ミシマサイコ、などなどでした。

コメントの投稿

非公開コメント

はんぶんはんぶん

大切な自然をそっとしておきたいことと、その素晴らしい自然をみんなで分かち合いたいこととはんぶんはんぶんですね。
良識のある市民だけとは限らないので複雑ですね、自然が荒らされないことを祈ります。

RE:はんぶんはんぶん

そうですね。おりあいをつけるという言葉がありますが、平尾台の戦後の歴史は、その言葉のとおりで、行政、企業、市民のいろいろな意見のぶつかり合いで、自然を残していく上での折り合いが付けられてきたようです。
FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。