スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.19 高崎山のサルとHTMLタグのお勉強!

 大分県の別府と大分の間に海に面して高崎山がせまっています。山のほうに階段を上っていくと、「只今1000疋」なんて看板があって、広場いっぱいにニホンザルがいます。食べ物でも持っていようものなら、さっと奪われたりします。あまり見つめてしまうと引っかかれたりします。ですから、観光に訪れた私たちは、サルとの一定の距離を保ちながら見物ということになります。
 そんな私たちのような観光客には、サルの顔の区別はつきません。目に飛び込んでくる情報をそのまま受け入れるだけで、その情報が何を意味するのかはなかなか理解できませんし、また私たちも「サルが仰山おるなあ」とながめてはカメラのシャッターを切ったりします。

 しかし、そこでサルのお世話をしている方々には、サルの顔の違いがわかってきて、どの子がどの親の子で、どのグループとどのグループがあって、どのサルがすべての統括をしているボスかなんかがわかってくるようです。
 毎日毎日、リヤカーにサツマイモを切ったものをいっぱい積んで、サルの群れの間をその芋をばらまきながら駆け抜けたり、子ざるの悪戯を観察したり、育児放棄する母サルとその子ザルの将来を思いやったりするうちに、次第にそれぞれのサルの顔の額のしわの形までわかるようになるんだろうとおもいます。

 私もいろいろなプログラム言語を独学で勉強してきましたが、最初は、「なんだこれ?」と途方に暮れる状態でした。しかし、本屋さんで参考書を買ってきて、書かれている通りに打ち込んで動かしてみると、書かれている通りにうごきます。なんでもないことのように思いますが、私にはその一回一回がうれしくてたまりませんでした。
 次は、書かれていることをすこし変更して、またちょっと違って動けば、今度は何と言ってもわずかであっても自分で作ったプログラムですから、もっともっと、比べ物にならないほど心の中でにんまりと喜びました。
 それを繰り返すうちに、こうすればこうなるんだ、と自分に自信がついてきます。最初はシンプルなものから初めて、良くも飽きずにと思われるほど、変更を繰り返して遊んでいました。そのうちに、これは何かに使えるぞとなって、簡単であっても実用のプログラムが誕生したりするわけです。

 こうなってくると、いままで英語の羅列であった言語が、次第に意味のある記号として区別がつくようになって、その使い方の違いも身についてきます。それは、サルの顔の違いがわかり始めることと全く同じだと思います。

 最初から大きなサルの集団全体を見ていたら、判るはずもないことが、一つ一つの簡単なお付き合いを続けることによって、次第にそれぞれのサルのかかわり方が見えてきて、顔の違いまでわかるようになるんだと思います。

 このタグの勉強のシリーズでも、今の段階で、ソースが、一つの英語のもじゃもじゃ文字と見えていたのから、これが開始タグなんだな、これが終了タグだな、これは終了タグがなくてもいいタグだから最後にスラッシュがつくんだな、開始タグに書かれている英語の中で、style="......." と書かれているのがスタイルで、これが、開始タグと終了タグで挟まれたものの飾りをしているんだな、と区別がつくようになれば今までの勉強は卒業だとおもいます。
 まだ私のソースをそのまま打ち込むだけで、すべてが一つの英単語の集まりに見えるようでしたら、もっとソースを好きになってください。もっとソースをいじくってください。愛着心がわいてくるまで繰り返してください。

 そうすると、ソースのいろいろな形で区切られた部分の意味が身近になって判るようになります。

 区別がつきましたら、タグはタグで勉強して、スタイルはスタイルで別に勉強してという風に、頭の中を整理してください。もっと自分なりの表現ができるようになるはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。