スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペレグリオさんの「ヒロシマからの最終列車」が届きました

 1月19日に発売されたチャールズ・ペレグリオさんの新しい著作「ヒロシマからの最終列車」が昨日到着しました。思っていた以上に分厚い本でちょっと引けています。時間をかけても読んでいこうと思います。

 巻頭には、生まれくる子どもたちのために(To Tomorrow's Child)と記されています。オフコースの小田和正さんも、ヒロシマの「再び過ちをくりかえしません」という碑文をテーマにこの曲を作りました。次第に輪が広がっていく感覚を覚えます。

 ペレグリオさんは、映画「タイタニック」や、いま「アバター」の原作者として有名です。キャメロン監督とともに、このほんの映画化も決まっているそうです。

 ヒロシマと長崎の二つの都市で被爆した人は30人くらいいるそうです。そのうちの一人山口彊(つとむ)さんは残念ながらこの1月4日になくなられました。この本はその山口さんについて書かれているそうです。

 アメリカではまだ原爆使用の是非について議論が続いています。ペレグリオさんは巻頭で、その是非については他の機会に譲りたい。ただヒロシマとナガサキで何があったのかを淡々と書き綴っていくことで、再びこのような戦争が起こらないようにしたいと書かれています。

 私の英語力ではすこし荷が重いような気もしますが、ぼちぼち読んでみたいと思います。

 あらためて山口さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。