スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍の今度の事件報道はなにかおかしい???

 先日の朝青龍の知人に対する暴行事件の経過をテレビで見ていてなにかおかしいと思います。事件は警察官の目の前で行われており、警察官が、「私はあなたの味方です」といって仲裁に入り、その知人は鼻の骨を折る1か月のけがをしたという。
 まず、仲裁に入った警察官が「私はあなたの味方です」といういい方は、もし報道のとおりだとすれば、公務員の民事不介入の原則にまず抵触する問題発言ですね。酔っ払いに払いのけられて飛ばされたら、その時点で、ふつうの市民であれば公務執行妨害で逮捕されるはず。
 次に、この事件は被害届が出るでないにかかわらず、警察官の目の前で行われた「トラブル」の中で、関係者が骨折までしているとい事実があきらかなのだから、届けがあるなしにかかわらず、暴行傷害事件として普通の市民なら逮捕されるのが当然です。暴行傷害はもともと親告罪ではないし、警察官の目の前で行われて、被害が明らかな場合であるので被害届は必要ないはずです。逃亡の恐れはなくても、証拠隠滅のおそれはあるし、相手はマネージャなどといって嘘をいい、現実証拠隠滅を図ろうとしていた痕跡が報道されています。
 一連の相撲部屋の暴行事件のときにも、警察と相撲界の癒着のようなものを感じましたが、またかという感をいなめません。

 スケートの織田選手は、飲酒運転でしばらく出場資格を失いましたが、今回の横綱の事件はそんな程度の罪ではありません。私は相撲界永久追放以外にはありえないと思います。そうでなければ、日本社会がなめられるとおもいますが、いかがでしょうか。

 相撲界に入ったことのある私の高校時代のクラスメートが、「相撲界はやくざだ」と言っていましたが、相撲界全体の組織的体質がまだ残っているとしか思えないし、それを長い間マスコミを含めて容認してきたことは一連の不祥事に対する経過を見てもわかるような気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。