スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮沢賢治と「ホー」と公園の草取り

 三年ほど前から、高血糖と高血圧予防のためになにか持続できる運動をと公園の草取りを続けています。仕事中に北九州市の若松区の農協の売店にちょっと立ち寄ったおり、ステーキホーという農機具を見て気に入って衝動的に買ってしまったことも公園の草取りをはじめたきっかけになったと記憶しています。
 ホーという農機具は三角形の鍬の形をしていて、地面の草はぎにも、畦おこしにも便利で、鍬ほどには力もかからなくて便利な道具です。

 今日、ふと宮沢賢治の「ポラーノの広場」という作品を読んでいると、

   ファゼーロは水壺とホーをもって急いで向うの路へはいって行きました。
   百姓はこんどはわたくしに云いました。


 という一節に偶然でくわしました。

 農作業の効率化のためにつくした賢治が、西洋の農機具に興味を持って実際に使っていたのかもしれません。デンマークの農業にまなんで新しい農業実践をするために賢治の作った「羅須地人協会」の活動はよくしられています。

 賢治が作品中で紹介している農機具が、いま日本中の農村で使われています。明日からの公園の草取りが、ちょっとまた違った気分で出来るかもしれないと、今日は意味もなく楽しい気分になりました。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。