スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になったNHKドラマ「顔」 (松本清張原作)の黒崎弁

 今日NHKのドラマスペシャルを見ていたら、松本清張原作の「顔」だった。このドラマの主人公井野良吉の故郷は、わたしが住んでいる黒崎という設定だった。私の先祖は寛永年間には黒崎に住んでいただろうという記録が残っているくらいで、これでも生粋の黒崎っこのつもりだ。

 NHKドラマといえば、考証は綿密にやるのが普通だが、いざわが故郷の話となると、方言には違和感を覚えてしまった。
 ドラマの中で使われているのは博多弁から筑後弁に近く、黒崎の方言ではない。黒崎の言葉は、官営八幡製鉄所が1901年に作られて、全国各地から労働者が集まってきたため、おたがい通じ合うために自分たちは標準語に近い言葉で話しているという勘違いもある。しかし、方言の基本は、遠賀川流域に石炭文化とともに広がった川筋ことばだ。それに、小倉弁とも大分弁ともすこしちがう豊後なまりも入っている。
 「正しい」黒崎弁をしゃべるものも最近は少なくなった。
 私は小学校までは、黒崎の小学校だったが、中学からは、製鉄の職員が多くて、文化的には小倉方面の言葉が主流の地区だったので、最初は、やくざのような自分の方言でしゃべることをやめてしまった。もし地で話していたら、喧嘩をして言うように思われかもしれないと思ったからだ。級友の中には、大企業の幹部の息子も多く、「だからさあーー」「ぼくがさあー」なんていう江戸なまりの気持ち悪い言葉には最初は抵抗を覚えたが、不思議なもので慣れてきてしまうものだ。自分でも、「ぼくがさあー」なんて使ってしまうこともあった。
 黒崎では、仲間同士で話すときと、すこし距離のある人と話す時で切り替えるのが当たり前だ。その辺が理解できていないために、どんなシチュエーションでも博多弁をしゃべる姿には、違和感を感じる。

 ドラマにたびたび出てくる「ばってん」は黒崎ではよそから来たものがつかう言葉だ。イントネーションもしり上がりの筑後なまりだ。ほとんど黒崎の言葉がつかわれることはなかった。

黒崎言葉の代表格は
「いっちきちみちみー」かもしれない。「行ってきて見てみなさい」という意味だ。「しっとーと」「じゃーっそー」「なんしとーと」なんて文字で書いてもわからないのは他の方言と同じだ。「くずける」「こける」などもわかりにくい。
 なき父が戦後まもなくのころラジオで黒崎弁のドラマをやっていたのを聞いたことがあるという。かなりリアルに演じていたらしい。いずれにしても、自分が普段使っている言葉が、電波を通して流れてくるのも、自分の声を録音できくと同じで、変な気分ではあるのだが。
 比較的大分の伝承芸能の豊後浄瑠璃の言葉は、黒崎の言葉の雰囲気を残しているのは不思議だ。筑前六宿のひとつの宿場町という性格もあるのか、いろいろな言葉が本当はまじっているのかもしれない。

「あみゃー降る、かじゃーふく。車力のシャチャーこきおるし」なんて雰囲気だ。


コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。