スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら円楽さん。やすらかにお眠りください

 三遊亭円楽さんが、ろれつが回らなくなるまで高座にあがり06年に引退して、28日早朝、病と闘いながら亡くなられたと伝えられた。
 実は私は円楽さんと学生時代お話したことがある。当時落語研究会に所属していて、福岡市での落語の高座のボランティアスタッフを依頼されることが何回かあったからだ。その時来られていたのは馬生さんと円楽さんと他にも何人かおられた。
 私たちは楽屋でお手伝いをしながら、スタッフの皆さんともいろいろとお話が伺えるので楽しいボランティアでした。

 ただ、円楽さんのことはどうしてもわすれられない。そのとき、私たちに「私の命はもう10年くらいしかない。不治の病にかかっている」としみじみと語ったからだ。私たちは、命と隣り合わせで芸を磨いているんだなと、まじめに感銘を受けた。そして、そのことが気になりながら円楽さんのご活躍をテレビを通して見守っていたが、次第にだまされてことに気がついて、よくその話を友人にはなしたものだ。

 そして、「やっと」その訃報が伝えられた。円楽さんの往生が定まってから再び考えてみると、あながち嘘ともいえなかったなあといまではおもっている。昨日山登りで絶壁のようなところをよじ登っていくときにも、美しい木々の紅葉に酔いながらも、人間の命はいつ終わるかもしれないなあと考えたりして登っていた。
 あすはわが身と常に緊張感を抱きながら芸の道を進んでいた「星の王子様」円楽さんのことが想像できる。しかも落語家ですから、「うそ」ではないんですね。

 円楽さん。安らかにお眠りください。      弥太郎

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。