スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福智山の樹齢600年の虎尾桜

画像はクリックすると変わります(8枚)
<

 昨日パソコン勉強会の仲間が有志で福岡県の福智山中腹の虎尾桜を見にいかれた。私も誘われたのですが、平日で仕事もあったのでやむなく我慢した。
 昨晩、その報告写真がメールで届いたり、NHKで全国放送されたりして、とうとう今日の朝になって虫がわいてしまった。
 土日を利用し見に行こうと天気予報を見てみると、土日は雨の予報。朝早くおきてカメラを用意して、職場に急用ができたと有給届けをだして8時には家を出発した。

 福智山の登山口のひとつである上野焼と白糸の滝で有名な上野温泉の駐車場はウイークデーにもかかわらず朝から桜見物の車がいっぱい。テレビ放送の影響かもしれない。

 駐車場に車を置いて30分歩くこと、「虎尾桜」の看板が登山道との分かれ目に設置されているし、ぞろぞろとみんなが歩いていくので、目的地はわかりやすい。その分岐点からしばらく歩くと、谷あいに桜の巨木が突然見えてくる。
 この桜は20年まえには登山道から外れた位置にあったためにほとんど人に知られていなかったそうです。
 桜は樹齢600年といわれるエドヒガン桜だ。以前は隔年できれいに咲く年とそうでない年があったそうだが、地元のボランティアーの手厚い保護のおかげで今では毎年きれいに咲くそうだ。

 私は体力がないのと、写真をしつこく長時間とるので山に写真を撮りに行くときはほとんど単独行動だ。何度も同行の方をまたせて迷惑をかけたからだ。今日はたまたま虎尾桜のところでお会いしたほとんど私より年配の方たちが源氏桜のところまでいかれるというので、連れて行ってもらった。一人だったら、虎尾桜のところで終わりにして帰っていたかもしれない。

 その虎尾桜から下って、右手の登山道を50分ほど歩くと源平桜といわれる古木がある。この2本の紅白の桜もエドヒガン桜だそうだが、虎尾桜より標高が高いので今日はまだ小さなつぼみの状態で、小さな葉が印象的だった。来週くらいが見ごろかもしれない。

 源氏桜のところで食事をとった。私は山に登って食事をとった後が一番苦手で、足がつり出す。糖尿病の影響かもしれない。同行のかたたちに励まされて、おかげでどうにか窮地を脱して福智への登山道でもう一本の桜を見に行かれるというそのかたがたと分かれた。

 福智山頂の温度計は3度をさしていた。肌を刺すような寒風が吹いていたが、空は青空が広がって、山頂の景色はすばらしく、疲れを忘れた。

 ということで今日もまた痛くなった足を引きずりながら山を降りたが、これも写真に写しておこうと車を置いていた上野峡の白糸の滝を見に行った。ここで致命的に足にきて、なんとも情けない姿でやっとのことで車を運転して帰宅した。家の時計は5時を過ぎていた。


 

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。