スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

63年目の8月15日に

 今日は、連れ合いの実家のある朝倉郡筑前町に墓参りにいって、夕方は、今春逝った従兄の初盆で先ほど精霊流しにいってきました。精霊流しの会場は、北九州市八幡東区小伊藤山公園。
 終戦間際の8月8日に米軍は北九州市八幡地区に大空襲をおこないました。この公園の近くにつくられた防空壕にはたくさんの子ども達が避難していましたが、全員窒息死してしまいました。公園には慰霊碑が建てられています。8月8日といえば、長崎に原爆が落とされた前日。当初は北九州市小倉の陸軍造兵廠へ落とされる予定でしたが、前日の八幡空襲で空にはまだ空襲の煙がたなびいていて、米軍機は長崎へその投下予定地点を変更したそうです。無念にもなくなっていった子ども達が北九州の人々を守ってくれたのかもしれません。
 今でも北九州市の投下予定中心部には、長崎の鐘が設置され、8月9日には毎年慰霊祭が行われています。


下図は、もし北九州市に原爆が落ちていたら直接被害があった
のではと考えられる地区です(爆心から4?5キロの同心円)
間接的な被ばくはもっと広範囲に広がったと考えられます。



 2度とこのような悲劇が繰り返されないよういのるばかりです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。