スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送る sendto  について




 ファイルを開く方法にいくつかあります。一番ポピュラーなのは、アイコンをマウスでクリック(設定によってはダブルクリック)する方法ですが、この方法ですと、ファイルの拡張子に設定されたプログラムを起動してしまう。そのため、いろいろなファイルで開くことのできる画像ファイルなどでは、意図したものと違う動作になることがあります。
 
 いまひとつは、ファイルのアイコンの上で、マウスを右クリックして、「プログラムから開く」をクリックして、あらわれたアプリケーションのリストの中から選ぶ方法もあります。

 またいまひとつは、ウインドウズの機能である「送る」という機能を利用する方法です。ファイルを特定のアプリケーションで開く場合に、マウスでファイルのアイコンを右クリックし、「送る」をクリックしてあらわれたアプリケーションリストから選択する方法です。よく使うアプリケーションをこの「送る」という機能に登録していると、画像ファイルなどを、よく使う自分好みのアプリケーションで開くことができるようになります。
 
しかしながら、最初から「送る」で現れるリストは少ないので、このリストに自分のすきなアプリケーションを追加することができる方法を紹介します。

 「送る」をクリックしたときにあらわれるアプリケーションのリストは、実は、sendtoというフォルダーに格納されています。このsendtoフォルダーに、自分好みのアプリケーションのショートカットアイコンを追加すればいいのですが、ウインドウズXPやVISTAではこのフォルダーを探すのが難しいんです。そこでまずこのフォルダーを開く方法を紹介します。



 まずウインドウズXPの場合



 キーボードの一番した列の左から2番目にあるウインドウキーとRキーを同時に押してみてください。これで、ファイル名を指定して実行というウインドウが表示される。現れたテキストボックスに、sendtoと入力してEnterキーを押せば、目的のフォルダーが表示されます。  
ここで現れたフォルダーに、よく使うアプリケーションのアイコンをコピーしておけば終わりです。 
ためしにファイルアイコンを右クリックして送るを選択してみてください。追加したアプリケーションが表示されるはずです。





 ウインドウズVISTAのばあい


 ウインドウズVISTAではセキュリティーが強化されたために、XPと同様にwindous+Rであらわれたウインドウのテキストボックスにsendtoと入れると、拒否されましたというメッセージがでます。
 
VISTAの場合は Shell:Sendto と入力してください。するとXP同様、SENDTOフォルダーが表示されます。あとはXPと同様です。
 せっかくの機能ですのでぜひ有効に利用してください。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。