スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインドウズ・VISTA で「文字化け」と付き合う法

 ウインドウズVISTAが発売されて8ヶ月経ちましたが、まだVISTAにはいろいろと問題が多いようです。先進の機能がたくさん取り入れられて、画像や動画を簡単に扱える点では旧システムと比べて進歩があると思いますが、いろいろな問題があるためVISTAへの移行をためらって折られる方も多いようですから残念です。

 多言語対応力を高めるため、文字コード体系をJIS、SHIFT-JISからユニコードに変更したところにその原因がありそうです。

 最近このブログのコメントで、VISTAのウインドウズ・メールで、HTMLメールを送ろうとしているとき、ソース画面で日本語が含まれるタグを入力すると、プレビュー画面では日本語が文字化けしていると質問された方がおられました。質問された方は、メールのマーキータグの中身の文字が化けるということでした。

 私も何度かVISTA上のHTMLメールでタグを編集したことがあるのですが、このことは経験したことがありませんでした。それは、私の場合はオプションの送信のところの設定でエンコードにJISではなくUTF-8を選択していたために偶然この問題にぶつからずにすんでいました。

 そこでしばらく調べていくと、マイクロソフトのサポートオンラインに次のような書き込みを見つけました。

現象
Microsoft Windows メールで HTML (リッチ テキスト) 形式のメッセージを作成中に、HTML ソースのタグを編集する (ソースの編集) 状態に切り替えると、メッセージのエンコード設定によっては、日本語が文字化けして元に戻せなくなる場合があります。


原因
この現象は、Windows メールの編集ウィンドウを構成する RichEdit 4.1 のエンコード処理の問題により発生しています。


回避策
この問題を回避するには、次に示すように、ソースの編集を利用する前に、メッセージのエンコードを [日本語(JIS)] から [Unicode(UTF-8)] に変更します。

1. Windows メールを起動します。
2. [メールの作成] をクリック (または、[メッセージ] メニューの [メッセージの作成] を選択) して、新規にメッセージを作成します。
3. [書式] メニューの [エンコード] をポイントし、[Unicode(UTF-8)] を選択します。


とのことです。
私の場合は最初からそう設定されていたので、この現象にあわなかっただけのようです。

 VISTAで動くメールなどを作成する場合はこのエンコードの変更をおわすれなく。


 そのほか、旧システムのアウトルックでエキスポートされたCSV形式のアドレス帳が、VISTAのウインドウズメールでインポートすると文字化けします。
 この解決方法は、Terapad(テラパッド)などのテキストのエンコード変更が可能なエディターなどに読み込んで、保存するときにUTF-8形式で保存して、それをVISTAのウインドウズ・メールでインポートすると正しく取り込むことができます。

 ほかには、UTF-8などで拡張された文字セットで旧システムで保存されたテキストファイルなどを読み込むと、いくつかの字体が変更されて表示されるようです。


 マイクロソフトも、上の2つの例については早くアップデートで改善してほしいと思います。そうしないとほんの小さなことで、とくにWEBメールで楽しんでいる方や、旧システムからの環境移行でつまずいた方が「VISTAはだめだ」などと性急に烙印を押してしまいかねませんね。。



 よろしく対応をお願いしたいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。