スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VISTAはどのくらいメモリーを食べさせたらいいのか?

ウインドウズVISTAを買ってちょうど2週間。

<この投稿が面白くない方はこちらへ(こんなラーメン店があったなら)>
    映像の下のテレビカメラをクリックしたらいろいろな角度で店を見ることができます

いろいろとインストールしてみて、今のところはまずまずの調子だ。
いまの問題点はアドビ・フォトショップのVer.6が正式に入らないことだ。
入らない原因はいろいろありそうだが、一番の原因は、ユーザーディレクトリの場所の変更とそのセキュリティー対策の変更だろうと思う。

開発言語Delphi7、2005とも一応最低限の仕事はしてくれているようだが、インストーラ作成ツールのインストールシールドがアプリケーションフォルダー関係の変更が原因だろうか、全く機能しない。

 そして肝心のメモリーだ。ハイビジョン撮影したビデオのHDV編集を想定して、最初から2GBいれたが、一応ハイビジョン素材から、アドビ・プレミア2.0でDVD作成はできた。メモリーメーターを確認しても、50?60%台だから、まだ余裕がありそうだ。

 しかし、メモリー使用量が25%以下(512MB以下)になることはない。ということは、量販店で売られている512MBメモリー内臓のVISTAマシンは、ハードディスクとメモリーとのやり取りに力をかなり奪われて、速度が期待できないばかりか、使い物にならない可能性もあるかもしれない。

 やはり、VISTAは1MBのメモリーは最低入れておくべきだ。いまIEだけを起動している状態で、32%だから、650メガバイト位はメモリーを利用していることになる。
 一方、同時にマイクロソフト・オッフィス2007や画像編集ソフトなどいろいろと同時に立ち上げても、なかなか50%を超えることはなさそうだ。
 ビデオ編集ソフトのプレミアを立ち上げると50%に近付くから、ビデオ編集をするなら、2GBは必須のようだ。できれば4GBと書いてあるサイトもあった。

 結論からいえば、皆さんが新しいパソコンを買われるときは、必ず1Gバイト以上のメモリーを搭載すべきということと私は思う。店には512メガしか入れていないマシンもかなりあるので、価格を比較するときはそこを考えないと失敗する。

 でも、覚えてしまえばVISTAはマックに追い付いているとは思わないが、使いやすいOSという点でかなり近づいたような気がする。

ちなみに私の環境は
 Windows Vista Ultimate
 CPU Core2duo 7600 2.66GHZ
memory 2GB

ちなみに下図は私のマシンのパフォーマンスです
ハイビジョン編集では、どうも5以上の値が必要みたいです。



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。