スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平尾台の野草 湿原のサワギキョウ

 石灰岩からなるカルスト台地は川や普通は湿原が発達しにくいところです。しかし平尾台には石灰岩の割れ目にマグマが貫入したところが多く見られて、普通のカルスト台地とはすこし違った地形を創りだしています。その一つの代表が鬼の唐手岩というアプライト貫入岩です。貫入岩は地下水の流れをせき止めダムをつくり、広谷湿原という自然豊かな湿原を形成しました。かつては水田もつくられたようで、現在は、湿原の希少植物の宝庫になっています。
 その広谷湿原にすっと点に伸び上がるように咲いている紫色の花がサワギキョウです。しかしウィキペディアによるとその花は有毒で「サワギキョウは毒草としても知られる。麻酔などの効能を薬草として利用された例もあるが、危険が大きいようである。横溝正史の長編推理小説『悪魔の手毬唄』では『お庄屋殺し』の名で登場し、場面を盛り上げた」と記されています。

サワギキョウ120923

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。