スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒崎いまむかし 明治の古い地図がみつかりました

 1899(明治34)年の黒崎の地図を見つけた。八幡製鉄所が翌々年に起業することになっていた年だ。道路は現在の道路とほぼ一致するが、わずかな道しかなく、江戸時代からの道から、九州鉄道の黒崎駅への道が加わったくらいの時代だろう。駅前もまだ開発されてないようで、まわりはほとんどが田や畑だ。神社仏閣や紅梅地蔵なども現在と同じ位置にあるが、紅梅地蔵は一度焼けて、ほこらだけのこして地蔵は浄蓮寺に移されている。

 私が草取りをしている公園も、古い人たちから話を伺った通り池がある。公園すべてが池であったことがわかった。どうりで水はけがわるいわけだ。
 もともとこの池は、井上周防之守道伯の築城した黒崎城の掘り割りだったそうだが、一国一城令がひかれて、黒崎城は取り壊され、堀も埋められたという。
 その後参勤交代が始まり、黒田藩としては目の上のたんこぶであった小笠原が小倉に細川の代わりにきたために、寛永年間に国境の守りを固めるために黒崎に関番所をつくったのが黒崎宿の始まりだといわれている。それ以前は宿場としてはもともとは前田のほうにあったようだ。前田は花尾城の麻生氏の時代の宿場としてさかえた。そのため、祇園山かさも黒崎より前田の祇園が古いといわれている。

 下の地図をクリックすると現在の黒崎の地図が出てきます。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。