スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉虫神社(福岡県筑前町)の謎にせまる

 私のつれあいの実家のある福岡県筑前町のもと夜須町と言われたところに玉虫神社という村の神社がある。神主もいない集落の神社です。その神社についてのいろいろな話が偶然の出会いから結びついてきたことはいつかこのブログでも書いたことがありますが、今日また一つ話がつながりました。

 最初のきっかけは、筑前国風土記を花尾城の麻生氏の由来を調べるために読んでいた時、その神社の名前が偶然目に着いたのが始まりでした。筑前国風土記の記述では、朝倉郡に玉虫神社があり、その神社にはあの平家物語で有名な那須の与一の夫婦を絵馬として祀っているというのです。
 たとえば与一の屋島での弓矢で扇を射止めたという絵を祀るのなら「そうなんだ」と読み飛ばせたのですが、夫婦を祀っているとなれば、なにか那須与一の一族とこの神社の間に由来があるのではないかと考えました。

 いろいろと調べてわかったことは、那須与一の末裔が、豊前の宇都宮一族で、その末裔がわが黒崎の花尾城城主の麻生氏だということでした。その麻生氏は16世紀末に豊臣秀吉に追われて筑後地方へ逃れたとという事実でした。
 であれば、筑後に逃げた麻生氏がその地で祖である那須与一の夫婦を神社に祀ったというのは十分考えられることです。神社に祀られている小さな神社に県の文化財にも指定されている小さな村の神社には不似合いなたくさんの大きな額の絵馬があることもうなずけてきました。

 いまひとつ、玉虫神社という名前も、最初訪れた時から変な名前だなあと思っていました。あのきれいな翅の玉虫をどうして神社の名前にするのだろうと不思議に思ってきました。
 そこで今日思いついて、「那須与一 玉虫」のキーワードで検索してみると、玉虫とは、那須与一夫婦の娘で、あの屋島の合戦で扇をその手にもった絶世の美人だったのです。NHKドラマでも荻野目慶子がその役を演じたとか。

 ということで、思いつきの検索で、また一つつれあいの実家の集落が守ってきた神社の歴史的由来と名前の由来に合点がゆきました。

 このことは、朝倉郡や筑前町のかたもあまり知らないのではないでしょうか。
 もしご存じの方がおられればコメントいただけたら幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。