スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖谷のかづら橋

 娘の嫁ぎ先のご両親へのご挨拶のために徳島にいってまいりました。おちついた家庭的な雰囲気で、娘が今までになくのびのびと生活しているのをみて安心してかえることができました。
 せっかく徳島まで足を運びましたので、祖谷の剣山麓のかづら橋をみてまいりました。青石(青い結晶片岩)の岸壁を削って流れる吉野川と両岸の木々の紅葉で、あたり一面素晴らしい景観でした。

DSC_7938.jpg
紅葉の剣山のふもとにある秘境の二重かずら橋

DSC_7953.jpg
平家の落人がふるさとを偲び琵琶を奏でたというびわの滝


DSC_7961.jpg
かずら橋の周りにたくさん咲いていたシュウカイドウの花

DSC_7945.jpg
秘境だけに高齢化かなと勘違いいたしました

スポンサーサイト

阿蘇、有珠、浅間そして富士の名の由来から

 川崎の息子の長女の宮参りということで、多摩川にある浅間神社にいった。境内には溶岩が並べられていて、浅間という名前から浅間山をまつったものだろうかと聞いてみたら富士山をまつっているそうだ。そういえば、息子のマンションからも晴れた日には富士山がよく見える。川崎から多摩川をわたったすぐのいわば江戸の一番富士山に近い西のはずれに、富士山をまつる神社がつくられたのは納得出来る。しかし、なぜ富士山をまつる神社が浅間神社なのかと不思議におもって調べていくと、そのことについて書いた寺田寅彦の「火山の名について」という文章をみつけた。
 寺田寅彦と言えば、ろうそくの科学でも有名だが、夏目漱石の三四郎にでてくる池のそばの研究室にこもって光のもつ力を実験する東大の先生だ。かつて、豊前の豊津に三四郎駅という駅名があることでたどり着いたのも、三四郎のモデルの小宮豊隆のふるさとであることがわかり、すこし調べたことが有った。
高校時代夏目漱石の本を読みあさっていたこともあって、こんな偶然のつながりには、なんだか不思議な縁を感じてしまう。
 本題に戻って、アソ、アサマ、ウスとなんだか語感の似通った響きに、寺田寅彦は統計的な手法でつながりを見つけようとその「火山の名について」という著述で挑戦している。簡単に言えば、アイヌ語などの日本の先住民族の言葉にその火山の名前の由来があるのではないかという考え方もあるようだ。寺田はその他にも海外の火山の名前にも統計的な手法をもちいてさまざまな考察をおこなっている。なるほどと思った。

 それにしても寺田寅彦という人は漱石をも引きつけただけあって、独創的な発想をする素晴らしいひとだなあと改めて思った。

浅間神社の狛犬
_1050664.jpg


いよいよ南の島へ

今朝北九州を出発して成田空港につきました。フリーのWiFi環境がないのでiPhoneから書き込んでいます。あと1時間でホノルル便に搭乗し6時間かけて南の島です。私にはハワイ旅行は不似合いだと私を知っておられる方は思われると思いますが、その通りなんだかまだしっくりこないたびですね。
息子の結婚式で行くことになった次第です。

またハワイに到着いたしましたら、今度はiPadでホノルルの様子をご報告できればとおもっています。

みなさま それまで アロハ


おまけの旅日記 東京と平尾台をつなぐ偶然

 今日の平尾台は、猛暑と前日に毎日新聞が冷水の流れる千仏鍾乳洞について報道したため、千仏への道は長い車の列が続きました。カルストツアーに来られたバスも、ツアーの最終地点へむかえに来るバスは、いつもは千仏の駐車場でUターンしていたため、今日はそれが不可能になり、急きょコース変更しなければなりませんでした。
 最近、千仏鍾乳洞がテレビや新聞で何回も報道され、土日となれば3000人近い人が訪れているそうです。周りの牡鹿鍾乳洞や目白洞も沢山訪れて、今日は、自然鍾乳洞の不動洞も、何組ものグループが胸まで水につかりながら洞くつ探検をたのしんだそうです。
 今日、そんな報道の話がガイドの間で話になりまして、おもいだしました。本当に偶然ですが、13日夕方、東京のホテルについてテレビをつけて、最初に流れてきたのが、わが平尾台の千仏鍾乳洞のニュースでした。こんな偶然があるのかと、昨年の冬の長野の旅の奇跡が、また東京でも起きたのかと驚きました。
 それにしても平尾台から帰ったとき、我が家の二階の寝室の温度は40度を超えていました。異常です。
 皆様におかれましても水分、塩分の補給に気をつけられて、ご自愛ください。梅干しと熱いお茶も、冷たいものを飲みすぎた時にはおすすめです。
 今日の平尾台の花は、キキョウ、ハバヤマボクチ、ハエドクソウ、ヤブラン、アキカラマツ、ヤマノイモ、ノヒメユリ、ゲンノショウコ、オカウツボ、ミシマサイコ、などなどでした。

猛暑のなかの東京旅行 その4 最後の日は東京でしか見れないものを

 おのぼりさんの東京見物も最後の3日目を迎えました。本来なら、3日目はテレビで最近よく報道されている高尾山に登ろうと、登山靴など重たい装備をそろえた東京行でしたが、2日間の猛烈な暑さで、急きょ計画を変更しました。
 東京でしか見れないものとして、午前中は映画「インセプション」を、ホテルからすぐ近くの川崎の109シネマのiMax劇場で見ることにしました。まあ、画面が大きいという感想ですが、慣れてしまうとそんなに大画面でも見なくていいかなというところですね。当たり前ですが東京でもシニア料金で見ることが出来ました。
 映画は、連れ合いにはすこし難解だったようで、ちょうどいい睡眠時間もとれたようです。2回くらい見ればよくわかる映画ですね。監督によれば、誰にもわかりやすいようにつくったということですが、字幕を追いながらですから、わかりにくいですね。


最後に出演者のみなさんによるハワイアンとフラダンスのサービス

 午後からは、iPhoneのGPSナビを頼りにJRを乗り継いで新宿へ行きました。目的地は末広亭です。ここは、私が落研に入っていたから、今は亡き兄が私が東京に行ったときに連れて行ってくれたところです。
 駅はやはり大変な混雑で、ナビに従って地下街をしばらく進んで、地上に出ると、すぐそこが目的地の末広亭でした。ナビの威力に脱帽でした。もしiPhoneがなかったら、着くまでにかなり消耗していたものと思います。

 寄席は、盆なので、出演者がずいぶん変わっていて、私がしっている方は出演されませんし、一階はいっぱいで2階で見させていただきましたが、座ってみるのも疲れた体には幸いでした。

 こんなところで、暑い暑い東京旅行でかなり疲れましたが、いい思い出を作らせていただきました。


 そして、今日はもう、2年目の平尾台のガイド研修がはじまり、また北九州でのあたらしい生活が始まっています。

猛暑のなかの東京旅行 その3 浅草と焼肉

 東京タワーと東京スカイツリーというおのぼりさん定番の名所の後は、近くの浅草、浅草寺をたずねました。東京では自家用車で観光地を訪れるのは大変で、まず駐車場をさがすことから始めなくてはなりません。地方で生活していると想像つかない面倒なことです。てくてくとかなり離れた駐車場から、浅草寺、仲見世通りを通って雷門にたどり着いた時には、汗びっしょりです。自家用車だと好きなところにどこにでも行けるのはいいのですが、車を止めてからの目的地までの移動にずいぶん時間がかかりますし、また同じところに戻る面倒さもあります。やっぱり東京見物ははとバスに限るかもしれませんね。
 雷門の巨大提灯のそこの彫り物の立派なことにはおどろきました。

画像をクリックすると大きな画像で見ることが出来ます。




 浅草見物を終えて疲れたので、夜の食事まで都内をぐるぐる見て回りましたが、息子も運転に疲れていたので、しばらく休憩しましたが、また東京ではマイカーで回りながらゆっくり休憩するところを探すのが大変です。
 どうにか時間をつぶして、予約オンリーの都内の焼肉店ではネットでナンバー3にあげられている、「くにもと」という浜松町の焼肉屋さんに訪れました。
 動き回って腹がすいていたこともあって、お店のご主人の説明を聞きながら食べた松阪牛の味は評判通り最高でした。焼肉とワサビが意外とあうのは、新しい発見でした。


参考までにソースです(FC2ブログでのみ動作確認です)
<center><script>
function asakusa_src(psrc) {
p_asakusa.src=psrc;
p_asakusa.style.visibility="visible";
}
</script>
<div style="width:600px; height:400px; position:relative; background-color:#000">
<img id="p_asakusa" src="http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/asakusa03.jpg" style="position:absolute; top:0px; left:0px; width:600px; height:400px; visibility:hidden; z-index:1; border: solid 2px;" onclick="this.style.visibility='hidden';" />
<img src="http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/asakusa03.jpg" style="position:absolute; top:20px; left:20px; width:270px; height:170px; z-index:0" onclick="asakusa_src(this.src);" />
<img src="http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/asakusa04.jpg" style="position:absolute; top:20px; left:310px; width:270px; height:170px; z-index:0" onclick="asakusa_src(this.src);" />
<img src="http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/asakusa01.jpg" style="position:absolute; top:210px; left:20px; width:270px; height:170px; z-index:0" onclick="asakusa_src(this.src);" />
<img src="http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/asakusa02.jpg" style="position:absolute; top:210px; left:310px; width:270px; height:170px; z-index:0" onclick="asakusa_src(this.src)" />

猛暑のなかの東京旅行 その2 おのぼりさんのスカイツリー見学記

東京旅行2日目は、息子の車で都内見物。ホテルを出て、盆なのに混雑する有料道路に入ってしばらく走ると、東京タワーが見えてきました。10歳年上の一番上の兄が修学旅行の時、展望台のところまでしかできていない写真を撮影してきたのが思い出されます。
 そしてしばらく走ると、あの写真雑誌などに何度も登場した金色の不気味な物体を屋根にのせた×××ビルが見えてきました。やはり何度見ても異様なモニュメントです。匂ってきそうかな?
 そしてようやく目的地のスカイツリーがはるかかなたに見え始め、次第に大きくなって行きました。

 スカイツリーの現場まで行くと、朝から沢山の人出でごった返していました。クーラーのきいた車から外に出ると、むっとします。その暑さにも関わらず、お互いを見失いそうな人出で、皆さんカメラを片手に上を見ています。テレビによく出る橋の上では、車がバイクに衝突して、ナンバープレートが外れてバイクに食い込むような事故が起きていました。暑さとツリーに気を取られたための事故でしょう。
 スカイツリーはただ今408メートルと表示がありました。やはり高いですね。あとから訪れた浅草からも見ることが出来るほどでした。
 とにかく暑く、現場で焼き鳥を売っている店のご主人に、暑いですねと言うと、にこにこ笑いが止まらぬような表情で、暑いですねと.....。しばらくは売り上げ続くことが予想され、笑いが止まらないようでした。


ソースです。画像は連番付きでブログにアップロードしていなければなりません

<script>
var sknum=1;
function skslide() {
sknum++;
if(sknum>8) sknum=1;
skphoto.src= "http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/skt"+sknum+".jpg";
}
function skytree_slideshow() {
skphoto.style.width='400px';
skytree_slideID=setInterval('skslide()',3000);
}
function stop_skytree_slide() {
clearInterval(skytree_slideID);
skphoto.style.width='150px';
}
</script>

<img id="skphoto" src="http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/skt1.jpg" style="border:solid 2px; cursor:pointer; margin:15px; width:150px; float:right;" onclick="if(skphoto.style.width=='150px'){skytree_slideshow();}

猛暑のなかの東京旅行 その1 横浜中華街

 今年のお盆は東京在住の息子の招待で、夫婦で東京見物となりました。盆に旅行とは不謹慎と思われる向きもあるかと思いますが、夫婦で何日か日程がそろうのは盆ぐらいしかないため、仕方なく盆に行くことになったわけですが、そのばちがあたったのか、3日とも例年にもない昼夜をとわぬ猛暑でした。そのために当初予定していた行き先を大幅に変更しなくてはなりませんでした。夜の暑さも盆過ぎると和らぐと言っていた昔がなつかしく思われます。

 13日早朝から、私たちは荷造りでした。実際には行けなかった高尾山登山に備えて、登山靴や山登り用の衣料などがあったため、荷物もかなりの重さになってしまいました。飛行場へは盆は車も少ないだろうと、有料を利用しないで行きましたが、案の定、有料を利用した場合と変わらない時間で、北九州空港に到着することが出来ました。北九州空港のロビーで銀河鉄道999のメーテルが笑顔で迎えてくれました。空港では、台湾や韓国の団体客が沢山おられ、各所で銀聯カードのロゴを見ることができました。
 空港では「平尾台」の宣伝がどんなかまずチェック。意外にいろんな掲示物があるが、まだ改善点があるような気がしました。たとえば空港利用者に、ケービングの割引チケットを置くとか。あるいは、中国、台湾、韓国などの海外のお客様に対する平尾台の説明などが、もっと必要ではないかと思いました。ぜひ実現してほしいですね。

 ネット購入の航空券での搭乗手続きは簡単でしたが、セキュリティーチェックでは、カメラ、携帯の充電器などの怪しげな電気部品がつまったカメラバッグの中は全部ひっくり返されたりして結構時間がかかってしまいました。帰りには全部ザックに詰めて、カメラだけ機内持ち込みにしましたので、あっさりと通ることが出来ました。
 予定より少し遅れて飛行機は北九州空港を離陸して一路東京を目指しましたが、旅行に慣れた方が、じっと座っているのを横目に見ながら、少し「我ながらいなかものだなあ」と恥じらいながら窓から覗き込んだ雲間に見える下界の様子は、当たり前ですが四国を流れる吉野川も鳴門大橋も学校でならった地図の通りでした。そんなことを子供のように喜びながら、8月12日の日航機事故のことなんかも頭をよぎりましたが、飛行機は無事羽田に着くことができました。

 旅行のインターネット時代は便利になったものです。iPhoneを片手に、前の晩にGoogleMapの経路検索で調べておいた羽田から、横浜中華街への道順を忠実に守りながら、迷うことなく目的地につくことができました。
 それはよかったのですが、山の装備も含めた手荷物は、この猛暑のなかの都会を歩くにはあまりに重く、経路を次々とたどることだけに夢中になって、休憩を十分に取らなかったことが災いして、中華街のちかくの山下公園あたりで、私の心臓がパクパクとなり始めました。近くの病院に駆け込むことも考えましたが、保険証も持ってきていなかったので、水を購入してしばらく休まなくてはなりませんでした。シニアの旅には保険証は必携ですね。

 どうにか気を取り直して、目的の中国茶の店を見つけ、友人に頼まれていたお茶を大量に購入しました。お店のおばさんに、台湾だったらこれだけ買ったらずいぶんサービスしてくれますよと訴えたところ、お茶を一袋サービスしてくれました。しぇーしぇーです。いってみるものです。

 その後、その店の近くの中華料理の店に入りました。店内は中国からのお客さんでしょうか中国語でわいわい賑やかでした。つれあいは、四川料理、私はばて防止にゴーヤと豚肉の炒め物。食べるとすこし力が出ましたが、連れ合いの四川料理はあまりにも辛くて悪戦苦闘していました。

 初日の中華街訪問の目的をはたして、またiPhoneの地図で検索してホテルに帰ると、疲れがどっと出て、私はダウン。夜訪ねてきた息子は、連れ合いだけをつれて夕食に出て行きました。残念でしたが、連れ合いのほうも、つかれであまり食べられなかったとか。

 そんなわけで、東京旅行初日は、教訓にあふれた一日となりました。むなさん、猛暑の旅では、定期的な水分補給と休憩をおわすれなく。いったんばててしまうと、なかなか元にもどりません。


    ※写真はクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると戻ります

大きくなる画像のソースは以下です
<br/> <img src="http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/hama01_20100816172255.jpg" style="cursor:pointer; margin:15px; width:200px; float:right;" onclick="if(this.style.width=='200px'){this.style.width='400px';} else {this.style.width='200px';}" />
FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。