スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫の子守りでいとうず動物園へ

今年は息子が孫をつれて帰省しています。家の中は孫中心にうごいて大変です。連れ合いも私も久しぶりの子育てで感覚を取り戻すのにしばらくかかりましたが、今日は息子がいなくても楽しく動物園で遊びました。

P1080215.jpg


P1080205.jpg

スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします

今日は5時におきて平尾台の初日を見ようと出かけましたが、山に向かう前にライトを忘れているのにきづきました。それで、平尾台自然の郷の初日の出観察会の方に参加しました。
寒さもさほど厳しくなくて、7時過ぎに東の雲の間から見事な初日の出を拝めることができました。

_1080111.jpg

2014年年賀状

テーマ : フォト日記
ジャンル : ブログ

オトコの料理

たまには私も料理をしてみようと写真のようなじゃが豚いためを作ってみました。
豚肉にタマネギ、きざみニンニク、オリーブオイル、みりんは私の定番の下ごしらえです。
写真は蛍光灯に近づけてコンデジで料理写真風に撮影してみました。

P9020010.jpg

あけましておめでとうございます。といってもちょっと残念なお正月。

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。今年は初孫も我が家に帰ってくるということで心持にしていましたが、風邪のために残念なことに帰らなくなりました。昨年結婚した娘も事情で今年の正月は変えられず、夫婦二人きりの正月になりました。
 今年は我が家としては珍しく、市内の某有名ホテルにおせち料理を頼んで贅沢をしてみたのですが、みんなで食べることができなくなりました。気を取り直して夫婦でフォアグラをたくさんいただきます。



孫の宮参り ついで?によった山の店「ゴロー」が駒込名物ベストテンに

 孫の宮参りとのことで東京へ行って参りました。2ヶ月になる孫も丸まると太って6キログラムをすでに越えていました。滅多には上京出来ないので、今回は羽田空港を下りると、モノレール、山手線、三田線とのりついで、いっさいの観光をやめて夫婦で登山靴をあつらえに駒込の「ゴロー」まで直行いたしました。途中で蕎麦を食べたのですが、やはり関東の蕎麦は味が濃いようですね。関西や九州のあっさりとしたスープではなく、味が乗っていてそれなりにおいしくいただけました。iPhoneのGPS機能で無駄なく到着出来ました。
 ゴローというお店はあまり大きな店では有りませんが、予想通り店の方も店の様子も感じのいい店でした。北九州から来たと伝えると丁寧に応対していただきました。常々山に登ったとき靴が合わずに足が痛いといっていた連れ合いの登山靴を購入するのが目的でしたが、見ているうちに一生の記念にと私も購入を決めてしまいました。店の方がそろいの靴でいいかときくので、すこし恥ずかしさも有りましたがそのようにお願いいたしました。
 きめの細かいメニューで丁寧に採寸していただいて、きっと履きやすい靴ができると心待ちにしています。見本の靴を履いてみましたが、しっかりとしていながら柔らかく感じるはきやすい靴で、おすすめです。あの探検家の故植村直己さんもこの店で靴をつくられたそうです。仕上がりは10月になるそうです。

 靴を注文して息子の家にまた直行。乗り換えなしの地下鉄の延長に息子の住んでいる川崎の家が有るのも出来過ぎでした。しかし、突然雨が降ったりしてGPSを見間違って、駅からずいぶん迷い蜜をしてしまいました。

 息子の家では孫が待っていました。その日の夕食は母乳を与えている母親を見ながらてきぱきと料理をする息子の手料理でした。わたしもいろいろと家事をてつだうのですが、料理は苦手です。どうも学生時代の勉強をそっちのけでやった調理場のアルバイトが今になって役に立っているようです。料理は驚きのできばえでした。写真はその料理です。

 料理を食べながらテレビをつけるとまたまた驚いてしまいました。テレビをつけたとたん、その日に登山靴を注文した「ゴロー」の店が出ているではありませんか。駒込の名所ベストテンのナンバー8にノミネートされていました。

P1050577.jpg

残暑お見舞い申し上げます

zansho.jpg

孫の手と「孫の手」

正真正銘の孫の手です。

P7070016.jpg


孫の手です

P7070001.jpg

北九州市立八幡西図書館にいってまいりました

IMG_0259.jpg

IMG_0264.jpg

北九州市八幡西図書館の地図 < クリック

 我が家からあるいて15分のところに、7月1日から新しい図書館が完成しました。かつて九州厚生年金病院があったところで、図書館の窓からはすぐ長崎街道の松並木をみることができます。
 新しい図書館だけに、いままでこんなことが出来たらいいのになあと思っていたことが、かなり実現されていました。私は本を読むとき辞書代わりにパソコンで検索しながら読むことが多いので、図書館で自分のパソコンがつかえたらと今まで何度も思ってきましたが、新しい図書館では、コンセントの完備したパソコンが使える席がいくつか作られていることは一番うれしいことです。
 図書館のパソコンも時間制限はありますがたくさんあって、受付で申し込むことによって使うことが出来ます。ネットを併用して勉強するものにはとても便利になりました。
 図書の貸し借りも、機械処理ができて、受付を通すことなく図書を借りたり返却したりすることが出来ます。込んでいるときなどは便利です。「こんなもの読むの?」と思われるのではないかと係の人の顔色が気になる恥ずかしがりの方もいいかもしれません。
 パソコンが使えるだけでなく公共無線LANが使えるのも他の市内の図書館にはまだなかったサービスです。iPadやパソコンで簡単にネットにWIFI接続できます。試してみましたが、高速に接続出来るのはうれしいですね。IDは toshokan で パスワードが yahatanishi でログイン出来ます。東側の窓際の壁に表示されていましたから、公表してもかまわないですね。貼ってあるところが分かりにくいですね。

 レストランもあって、500円の弁当もうっていました。夏の暑いとき、冬の寒いときなどに家にいるよりここで勉強すれば、節電にも協力出来ますし、快適に過ごせます。

 私にとっては何よりもありがたい市からのプレゼントです。
 隣にはいままで黒崎にはなかった市民ホールも作られて、自動車や電車に乗っていかなくても催し物がみられるのもうれしいですね。

ご近所の花 ユキノシタがありました

 今日は朝から朝食を抜いて健康診断。レントゲン、心電図、血液検査とやりましたがいまのところ異常なしとのことでした。久しぶりに家にいますので、近所の神社に行ってみましたら、ユキノシタがありました。最初はジンジソウと思い込んでいましたが、ジンジソウは秋に咲く花で、葉も丸い形ではないようですね。
 いままでは花に興味もあまりありませんでしたので、ただの雑草の花として通り過ぎていましたが、平尾台に行くようになって、こんな小さな花にも目がゆくようになりました。マクロで撮影したらきれいですね。

_1050175.jpg


_1050117.jpg

今年もスズランの季節がやってきました

 今年もスズランの芽がでました。

P4140030.jpg

ご近所の公園が新しくなって、桜の花が開花しました

isihatapark.jpg

 いつも草取りをしていました公園の入り口が新しくなりました。それを祝うように桜が咲いています。草取りで一番苦労していたところがきれいになって、草取りの手間もだいぶ省けるかもしれません。今年から町内会の清掃も毎月行われるようになって、私の出番も少なくなりそうです。

 江戸時代この公園は江戸初期に井上道伯周防之守が城山山上にきづいた黒崎城のお堀の一部であったといわれています。城は一国一城令ですぐに壊され、お堀も埋められたといいますが、お堀の一部がこの池として残され、戦前まではまだ池として残っていたようです。南西の方向には黒田社がありますが、どうも鳥居ではありません。考えられるのは公園から横町という細い路地をおりていった位置にあった関番所の門のイメージなのでしょうか。
 しかし、伊能忠敬が書いたスケッチや、筑前国図絵に描かれた関番所のかぶき門は、屋根瓦があり、門構えがあって、古老の話によれば門にはおっぱいのような銅の金具がついていたと伝えられていますから、かぶき門であってもずいぶんとイメージが違います。宿場のイメージとしてこの門が作られたのかもしれません。あるいは、この公園は宿場の構口からは遠いところですが、宿場の構口にあった門のイメージとしてつくられたのかもしれません。
 工事の方の話では門構えは、「冠木門(かぶきもん)」ということで、やはり長崎街道黒崎宿の関所の門の可能性が強いようです。黒崎宿の関番所は私の先祖が寛永年間から幕末まで代々守り続けたところでもありますので、不思議な気持ちになっています。

 いずれにせよ、門の横に説明板が設置される予定だそうなので、またそのときはっきりするでしょう。

つれあいの実家にて

 今日はつれあいの実家で久しぶりのであい。積もり積もった色々な話でにぎわいました。広々とした筑後平野の真ん中で、いよいよ帰るときに西の空を眺めると、きれいな夕日が沈んでいました。明日は晴れるのでしょうか?

IMG_0157.jpg
写真はiPhone4sで撮影しました。けっこうきれいです。

あけましておめでとうございます

nenga2012_20120101001850.jpg


新年あけましておめでとうございます。

旧年中はいろいろとお世話になりました。
今年こそは希望がみえる年になればと思います。

今年も平尾台で見習いボランティアとして精進し
たくさんの子どもたちに自然の大切さと、希望の光
を届けることができたらと思っています。

パソコンのほうも3.11のショックでさぼり気味でしたが、
すこしまた色々と一からの勉強を再開したいと
思っています。年末にはわがiMacにもウインドウズ7が
入れられまして、新しい開発環境も購入いたしました。
もっと、もっと、皆さんのお役に立てればと精進したいと
思っています。

最後に、持続可能な平和なアジアと世界をめざして、
   私にできることを微力ながらも
      やっていこうとも思っています。

今年もどうぞ皆様よろしくお願いいたします。

生物学的孫の成長

こんなにおおきくなりました

15 - 1

生物学的に祖父になったのかな

 昨日、息子から画像付きのメールが来ました。わかる方にはわかると思いますが、来年の6月が予定だそうです。

echo.jpeg

姉の子供の頃の写真をきれいにしてみました

 鎌倉の姉の墓参りをしたおり、姉の子供のころの写真を送ることを姪たちに約束した。いまから70年近くたつ写真もあるのに、まだきれいに残っていた。そのうちのアルバムから初めてはがした1枚の裏に、印が押されていた。出生した父へ「死ぬな」との思いを込めて母が送った子供の写真だ。中国の広州の東憲兵分隊検閲済みの印が押されていた。母の思いは検閲をすり抜けてに届いたのか、父は所属する部隊がインパール作戦で全滅していく前に、祖国に帰った。だからいま戦後生まれの私がいるのだ。



大分駅前の写真館で


弟と海水浴場で


母に抱かれて。後ろにたっている母子




大分駅前の写真館で。外地へ出征した父に送られた写真
写真の裏には広州東憲兵分隊検閲済みの印が

コクリコ坂みてきました

昼過ぎからコクリコ坂をみてきました。ジブリの作品は好きです。
私が中学生時代の時代背景でしたが、ラブロマンスの流れは現代的だと思いました。
劇中の挿入歌は宮沢賢治の詩をモチーフにしたとか。看板にも宮沢賢治の童話の面影が。山下公園の氷川丸が復員船として使われたことに気づいた人も少なくなったかもしれませんね。
ガリ版などが出てきて、高校、大学の時代にガリ版を徹夜できっていたことを思い出しました。

下の音楽はカバーらしいのですが、本当にうまいですね。本物よりいいかも

卯の花腐し(ウノハナクタシ)の雨

unohana.jpg

 昨日からずっと雨が降り続いています。5月の長雨を昔の人は「卯の花腐しの雨」と詠んだそうです。気になって玄関先の卯の花とよばれる空木の花を見に行ってみますと、言い伝え通り昨日まで咲き誇っていた花が散ってしまっていました。
 しばらくは湿っぽい天気が続くようですが、平尾台へ行く途中の農家の庭先に稲の苗床が並べられていましたが、田植えをなさる方には恵みの雨ですね。

ジャガイモの花

 公園の畑にジャガイモの花が咲いています。むかしから芋は大切な食糧でしたが、茎や葉には毒があるそうです、わたしたち町で暮らす者には、ジャガイモの花はあまり近しい存在ではありませんので、すぐには何の花なのかわかりませんでした。イモとは似つかわしくないきれいな花に、しばらく見とれていました。


母の日

息子夫婦からつれあいにプレゼント。おいしい虎屋の羊羹も付いていました。



我が家のスズランが開花しています

 玄関先のプランターに植えた我が家のスズランが今年も開花しました。昨年秋、株分けしてご近所にもお分けしましたが、無事咲きました。いつ見てもきれいですね。


すずらん

         どんぐり

10日ばかりは 遅れていても
春は今年もやってきた

遠くの空の うごめきも
一輪ほどの 花の輪で
雲居のごとく飛び去って
花のにおいを伝えてよ

やっぱり今年も さきました
青いお空に 希望こめ
あちらの空にも 飛んで行け

春は必ず来るものと




やっとでスズランの芽が出てきました

 昨年の秋、ご近所さん二軒のかたからスズランを分けてくれないかと依頼されて、株分けしました。もともとは、我が家の前の家のご主人が亡くなられて、ご親族の方からかたみとしていただいた鉢で、いただいたまま何年もそのままにしておいたものですから、鉢の中は根が張り巡らされていました。丁寧に株を分け、4つの鉢に植えましたが、春が来ても差し上げたお宅の鉢から芽が出たと知らせていただいたものの、我が家の鉢から芽が出る様子がありませんでした。
 そして一昨日あたりからやっとのことで芽が出てきたわけです。我が家も鉢が二つに増えて得した気分で、暗いニュースばかりの今日この頃ですが、和やかな気分にならせていただきました。



元旦に雪の英彦山に登ってきました

 年末に、来年は雪が降ったら英彦山に行こうという話がありますとパソコン仲間のメーリングリストに投稿したところ、じゃあ元旦に行きませんかという山の大先輩からのお誘い。行きましょうと安請け合いしましたのが、大変なことになりました。

 北九州は雨が降った後で、天気はいいので、きもちのいい登山になるかなと車を走らせて行くと、200号線をくだって田川を過ぎるころからあたりが雪模様。待ち合わせ場所の、一億円のトイレがあるという大任町の道の駅に着いたころは、道路がところどころ凍結していました。
 そんな雪道も、ブリザックをはいたわがパジェロioは、さっそうと山へと雪道を踏みしめていきます。安全なら、雪の深い登山道から登ろうと、車は豊前坊をめざしました。ここから私の誤算が始まったのです。




豊前坊に登る手前の道路からみる山は雪だらけでした


 豊前坊に着いて私たちの登ってきた道のほうを見ると、通行禁止。そして気温はマイナス8度をしめしていました。下山してきた方の話によると頂上はマイナス12度だったそうです。


通行止めの標識に気温マイナス8度の表示


 私たちは滑り止めのアイゼンを付け、支度を整えいよいよ登山です。豊前坊にある高住神社には、初もうで客も私たちのほかには1台だけ。雪のためこれなかったのでしょう。
 山の先輩は雪山にも慣れておられて、道(トレース)があるかどうかを確認しながらザク、ザク、ザクと力強く登り続けます。私は深い雪に足を取られたり、滑らせたりしながら恐る恐る後をついていきます。深い新雪では靴に付けたアイゼンもあまり役に立たず、普段よりはるかに体力を消耗してしまいます。
 しばらく登っていくと、本当に登山道だろうかというような道も登っていきます。朝早く登った方が、道なき道を登って行ったあとのようでした。
 いつもの登山なら1時間も歩こうものなら、軽い冗談がすでに何十回も出ていたはずですが、このときは、「私は雪がスキー」と面白くもない冗談が一回出ただけで、文字通り冗談も「すべって」しまいました。

 そんな危なげな登山の途中でも、いままで曇りがちだった空に晴れ間が出て、樹氷と青空の素晴らしい自然のコントラストを見せてくれました。酔いしれるような風景に、山の先輩の「はーー!」「フェー!」というわけのわからないため息が聞こえてきます。いままで数知れないほど登った英彦山でも、今日の英彦山が一番いいんだというため息でした。
 しばらくは皆さんも堪能してください。















 山の先輩に、「もう帰りましょう」と泣きついてくるんじゃないかと心配をおかけしながら、やっとでたどりついた英彦山山頂では、雪が1メートル近くつもっているところもあり、ズボリ、ズボリと埋まりながら、進むだけで体力を消耗してしまいます。
 さすがに山頂で休んでおられた方々は、いろいろな雪山を征服されたような山男ばかりに見えました。


I made it! やったぜ!


 帰りはあの元来た急坂が怖くなり、無理にお願いして、奉幣殿への階段から遠回りして高住神社に降りることにしました。雪の山では、足跡(トレース)が付いていなければ遭難の危険があります。一度は近道を選びましたが、途中でトレースが途絶えて、元来た道に引き返すこともありました。帰りの道はたくさんの人が通った階段の道なので、安心して降りることができましたが、後で聞いた話では、雪道は登りのほうが大変で下りはそうでもないとのことでしたが、その時の私の気持ちは遠くても安全な道を選択してしまいました。

 やっとのことで私たちは奉幣殿にたどり着きました。大雪で初もうでのお客も例年よりかなり少ないと警備のかたが言われていました。





 私たちは奉幣殿から高住神社への林道を、ひたすら歩いて車のところに無事戻ってくることができました。素晴らしい英彦山に出会えたのもひとえにこの写真の山の先輩のおかげです。ありがとうございました。


新年あけましておめでとうございます




 さくねんよりGooのブログより、FC2のブログに移転する旨行ってまいりましたが、今日に至りましてもたくさんの方にGooのブログのほうにご来訪いただき、FC2のブログとしばらくはできる限りともに続けていこうと新年にあたり考えております。

 つきましては、昨年同様、よろしくおねがいいたします。

 なお元旦は雪の英彦山に樹氷をみにいってまいりますので、ご挨拶が遅れることをご容赦いただければ幸いです。

テーマ : 年末年始のご挨拶
ジャンル : ブログ

Merry Christmas What have you done!




 残暑と申しますか、酷暑お見舞い申し上げます。写真は我が家の窓辺のケヤキの木に止まっていたクマゼミです。

 暑い夏の日が続きます。8月に入って、クーラーをつけ始めました。電気代が上がるのが心配でしたが、今日の検針では、あまり先月とかわらなかったので安心いたしました。東京にいったおりミンミンゼミが多いのに気がつきました。私が子供のころはミンミンゼミが多かったのですが、最近はあまりみかけません。最近はアブラゼミとクマゼミの声がめだちます。

 先週末あたりから、我が家の夫婦を始め、のどの痛みを訴えるひとに何人かおあいしました。さっそく九州大学応用力学研究所の硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布でみると案の定かなりの量の有害大気汚染物質が飛来していました。暑さで夜窓を開け放って寝たのが災いしたようです。

 皆さんもお気を付けを。


 

おはようございます

 みなさんおはようございます。川崎のホテルのロビーのパソコンからです。  昨日は羽田についてすぐに横浜に出かけました。ネットで調べて経路探索したおかげで、なんなく無事目的地の中華街にたどり着いたものの、おりからの猛暑と、人ごみ、そして、適当に休憩を入れることを怠ったために、軽い熱中症にかかってしまいました。  中華街で昼食をとりましたが、連れ合いが頼んだ四川料理がまた辛くて、悲鳴を上げていました。私の注文しました豚肉とニガウリの炒め物はとてもよい味でした。本場の味ですね。  食べている周りは、ほとんどが中国語で、さすがに横浜中華街です。「チーハオラ」と中国語をはなす子供の言葉がひとつだけ理解できましたので、帰り際に私も、「チーハオラ、ハオチー、シェーシェー」とむかし中国を訪問した折に覚えた中国語でご主人にご挨拶してお店を後にしました。  中国茶の店では、友人から頼まれたいろいろな中国茶を仕入れまして、お店の人に、台湾ではこのくらい買うといろいろサービスするよとお願いしましたら、ひとつだけサービスしていただきました。ラッキーです。いってみるものですね。  今朝はまだ本当には疲れが取れていないみたいですが、今日は息子がくるまで東京名所を回ってくれるというので、だいじょうぶでしょう。明日は、高尾山に行こうと計画していましたが、昨日と今朝の体調ではすこし考えています。むかしいったことのある末広亭に寄席を見に行くのもいいかなと思ったりしています。  残念ながら写真はあまり取れていませんので今日は、文字だけのお便りになりました。  いい写真が取れましたら、かえってからアップしたいと思います。  それでは、今日は東京見物をおのぼりさんで楽しませてもらいます。

暑中お見舞い申し上げます ほんとうにご無沙汰です

今日は家の中にいると暑さでたまりませんので、朝からバイクで走り回っておりました。
 本当にみなさまご無沙汰しております。ブログの先頭に宣伝が入っておりますのでおかしいなあとも思いながらも、ほおっておきましたが、記事の更新がないと宣伝が入るんですと指摘していただき、恥ずかしいばかりです。

毎日ボソボソと呟いてばかりおりましたので、ブログのほうへは頭が回らなかった次第です。
 ということで、今日のところは、先日登りましたご近所の花尾山の夏げしきのクリックスライドをけいさいいたしました。あまり自信作ではありませんがご容赦ください。

ソースの説明

まず画像を01,02,03,04と連番付きでアップロードします。アップロードする画像ファイルのファイル名の先頭にわかりやすい名前を入れてもいいですね。たとえば hanao01 のように。画像の連番つけは手動でも出来ますが、私のどんぐりツールを使えば一括連番つけが可能です。

 そして最初の画像を、次のようにID付きで配置します。私の実際の投稿では、サイズの違う画像を真中に表示するためにテーブルを利用していますが、ソース説明のソースでは、画像ソースのみです。
FC2のブログではファイル名が連番付きで配置できますので簡単にスライドショーのソースを記述できますので、これを利用します。

<img id="p_idkey" src="http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/01.jpg" onclick="f_idkey()" />

いつものように、IDなどは重複を避けるために _idkey を後ろにつけて、ソースに張り付けるときに _idkey を一括してその日の日付などに変換してやると、他の投稿とのIDや関数名のダブりを防ぐことが出来ます。

いかが投稿の最初に記述するスクリプトです。投稿設定で、改行が反映されないように設定することをお勧めします。改行する場合は<br/>タグを挿入します。

<script>
n_idkey=1;

function f_idkey() {
n_idkey++;
if(n_idkey>5) n_idkey=1;
p_idkey.src="http://blog-imgs-43.fc2.com/d/o/n/dongwcat/0"+n_idkey+".jpg";
}
</script>

門司港レトロの写真をレタッチしました


FC2カウンター
プロフィール

dongwcat

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。