癌の再発でCTスキャナーで輪切りされました

 正月三が日が過ぎてゆっくりしていたところ、病院から私の癌がまた動き出している電話が在りました。
先週先生にお会いしてお話を伺い、今日、CTスキャンの検査をいたしました。
 昨年の4月8日に癌の宣告を受けて、かなりショックを受けましたが、再発して動き出しているというのは、癌の経験がある方なら理解いただけるだろうと思いますが、初めて告知をされた以上に静かなボディーブローを当てられたような気がします。
 これまで、家族や友人の助けで、笑顔を絶やさず病気とお付き合いしてきましたが、電話をいただいてから先生にお会いするまでの1週間はすこし笑顔が消えた時期もありました。
 同時に40年以上苦楽を共にしてきた友人が、治療の段階から緩和ケアの治療に移っています。電話がかかるまでに新年一度お見舞いに行きましたが、再発の知らせで落ち込んで、お見舞いに行く勇気も出ませんでした。
 友人伝いに、何か希望はないかと聞かれたその友人が、私と会いたいといっていたと聞き、やっとでお見舞いに行けるようになりました。私と話していると癒されるといってくれたそうで、本当にうれしかったです。同じ癌と付き合う中で、心が通じやすいのかもしれません。それから何度かお見舞いに行き、とりとめもない話しかしないのですが、昔の思い出やお互いの病気のこと、死ぬということなど、行けば長い時間率直に話すことができました。

 今日のCT撮影では特に目立った癌の所見は見つからなかったのですが、細胞診で+4の結果ですからどこがで癌が進行していることは間違いないそうです。結局、来週3回目の手術をすることになりました。三回目なので手術をすることには慣れてしまいましたが、腎盂、尿管、膀胱のいずれかで癌が活動していることは間違いないわけですから、今後が心配になります。
 前立腺がんについてはいまのところ内分泌療法で女性ホルモンを入れていますので、癌はかつてから比べると小さくなっているそうです。しかし、手術はできない段階であることはかわりませんので、心配は心配ですが、自分なりの最善の生き方を探して生き延びていくばかりです。
 今日も待合室で待たれている同世代のご夫婦とお話しできました。ご夫婦でけんかをされておられましたので、厚かましく割り込んでお互いの病気のことを話し合いました。病気とのお付き合いは人と人との関係も大切だなあと感じました。できれば自分の病気の経験で、病気で悩んでおられる方とたくさんお話して、お互いをいやせればと思います。

 まだまだ病とのお付き合いは続きますが、病気になって失ったものもたくさんありますが、友情や、愛や、やさしさなど、病気にならなければ見えなかったたくさんのことが見えるようになっただけでも得たものも大きいなあと最近は思うようになりました。
 もうすぐ1年を迎えます。まだまだ病人としては初心者ですが、鋭意求道の道をさがして生き延びていきたいと思うこの頃です。

2016年秋 折尾駅

VIDEODSC_1994.jpg



VIDEODSC_2003.jpg


VIDEODSC_2069.jpg


VIDEODSC_2047.jpg


VIDEODSC_2000.jpg

平尾台の歌 草原の歌


平尾台のうたをつくってみました。
🎵歌はここをクリック🎵

20160901225640ea5.jpeg


草原の歌

JR九州一筆乗車に挑戦

今日はみずまきITの会の皆さんと、160円で隣駅までぐるっと遠回りで行ってまいりました。水巻駅から赤間まで普通列車で行き、赤間から原田まで快速に。原田で筑豊線に乗り換えて桂川。桂川から新飯塚。新飯塚から後藤寺。後藤寺から西小倉。西小倉から折尾と4時間あまりを費やして、列車の中でお弁当を食べたり、おしゃべりをしたりしながら楽しんでまいりました。

人生で初めての入院です

おはようございます 今日は人生ではじめての入院の日です。その入院の理由が癌というのはちょっと残念だけど、私にとってはいつも始めての経験はワクワクするところでもあります。
今日は運動不足になるし、初日に消灯10時では寝付けないかもしれないと思いまして、朝から桃園陸上競技場を5キロ走ってきました。
スズラン、ハルジオン、ノゲシ、アメリカフウロ、ツツジ、フラサバソウ、カラスノエンドウ、サクラソウ、ウノハナ、トゲミノキツネノボタンと花々を観察しながらゆっくりと走ってきました。これでβ-エンドルフィンが脳にあふれて、前向きに闘病生活の初日を過ごせそうな気がします。
話は変わりますが、ラジオでは地震の常識が崩れたと言っています。これは随分前から私が言い続けていたことです。今回の熊本地震の教訓は活断層がないところでも地震が起こるということです。福岡の地震でも私はそうだと言ったのですが、未発見の活断層があって、そこで地震が起きたことになりました。
地震学者の方に聞きたい。活断層はどうしてできたのですか?地殻変動によっておこされた地震でできたのではないでしょうか。科学の限界を信じたくない人たちが、人間の知りうる範囲が真実のほんのわずかであることを信じたくない人たちがいつもこんな無意味なここからは危ないという閾値を設定します。
確率が低いことをその事象が起きないとしているのがいまの地震学者です。研究費、予算、秩序や現実などの言葉がまわりに飛び交っています。地震が起きないところはありえないし、ただ地震の起こる確率が非常に低いだけのことです。
そういう風に考えると、原子力発電の立地に適したところは日本にはないはずです。今回も延長線上に現在唯一稼働している川内原発があります。原発は万が一もあってはいけない施設です。

窓際のベットにしていただきました。窓から世界遺産の八幡製鐵所記念高炉が見えます。皿倉山の大蔵へ下る豊山の稜線も見えています。
         病室の フレーム越しの 豊山の
                     尾根道登りし あの日思ほゆ
  すでに担当の看護婦さんが鍾乳洞探検に行かれたいというので、お誘いしました。
昼食が済んで運動不足にならないようできるだけエレベーターは使わないで階段を駆けあがろうと思っていますが、手術後は無理かも。
とにかく今日から病気とのたたかいですが、あまり力まずに頑張ってまいります。今まで通り、ムードメーカーとして同じ病室のみなさんの心を和ませることができればと思っています。 この頃、人間自分のことより他人の幸せを考えている時が一番幸せな時だと思うことが多くなりました。雨にも負けずの宮沢賢治の心ですね。
FC2カウンター
プロフィール

Author:dongwcat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
未分類 (1044)
平尾台 (226)
Javascript (3)
ブログでJavascript (6)
ごあいさつ (29)
平尾台の自然 (7)
旅日記 (8)
健康 (2)
パソコンあれこれ (5)
想い出 (2)
登山 (26)
環境 (8)
写真・カメラ (2)
花 (3)
郷土の歴史 (2)
福智山 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード